古澤院長の著書紹介ページの内容
施術暦30年以上の実績を持つ私におまかせください。
院長写真

院長著書『元返し療法』

院長著書「元返し療法

病気のシグナルサインは筋肉でわかる!心と体を元に返して健康になろう!
古澤孝一郎 著/B6判/283頁/第4刷
2,100円(本体)

[本書の特徴]

  • 正確な筋肉反射検査法の方法を図版で詳細に解説。
  • 筋肉反射検査法による病因の探索法と施術法を症例を交え
      て紹介。
  • 病気の原因である”邪気”と、その対処法についてチャート
      等で解説。
  • 即実践可能な自分で出来る健康法も収載。

出版元:たにぐち書店
〒171-0014 東京都豊島区池袋 2-49-1 
TEL 0120-811-813

 

著者からの言葉

院長写真本書は、「元返し療法」 を用いて、長年にわたって病気の施術を行ってきた実績と研究の内容の重要な個所をまとめ たものです。
そして、この本の中には、難病 と言われ るものまで奇跡的 に改善した症例やその施術経験なども書かれてあります。私のような柔道整復師という立場のものであっても、難病人を改善した多くの症例があるわけですから、充分な医学的知識を習得されておられる医師の方々が、本書に書かれてある「元返し療法」 の考え方や方法で医療に取り組 まれたならば、今までには改善することの出来なかった難病の方々を沢山救ってあげられるようになるのではないかと思ってります。
更に、医療に携わる全スタッフが、本書に書かれてある考え方を似て患者さんに接していったならば、本当に新しい医療革命 が起きるのではないかと思っております。

内容抜粋

元返し療法とは/発病のメカニズム /三角筋法/広背筋法/下肢外施筋法/自分の筋肉を使っての上腕二頭筋法/自分の筋肉を使っての両上腕筋合掌法/検査のやり方〔具体例〕指圧法・ビワ灸法・色紙法・心の転換法/なぜ病気の原因を知る必要があるのか /健康の鍵は胸腺にあった/邪気が病気の原因である/心の問題を解決することにより、邪気の根元を断つ! /顎関節症を改善するには/治癒するまでの流れ /症例篇(喘息と仙腸関節離開、強迫神経症 、 腕と左脚のしびれ、開口障害 …ほか)/施術体験談/これで気が分かる!/どの施術法が患者にとって、一番効果があるのかを知りたい時には/病が改善する根本は何なのか(これだ!) /肩こり防止法/伸び伸び体操/ぎっくり腰の予防法/気の巡りを良くするイメージ法 ほか

元返し療法とは…

元返し療法画像1
本来の健康な状態を失ってしまった人を施術するにあたって、本来の健康で完全な状態を1-1のように、完全な円形の状態とするならば……
元返し療法画像2
病人とは図1-2のように、本来の完全な円形の状態から、ある一部分が欠けて、余分なものが付け加えられた状態であると言えます。
元返し療法とは、このように病気となった人に対して、特殊な検査法を用いて、 病人にとって、内的にも外的にも何が欠けているのか、また、何が失われているのか、そして、何が余分に付け加えられたのか等を発見し、欠けているものや失われたものに対しては補足してあげ、余分に付け加えられたものに対しては取り除くための骨格系(頭蓋・脊椎・骨盤・四肢・関節など)・筋肉系・脊髄神経系・自律神経系・内臓系・血管系・リンパ系・内分泌系および経絡(気の通る道)などを調整し、総合的な施術を行うことにより、本来の元の健康で完全な状態に回復させて戻して、返して行く施術法です。
 

院長著書第2弾『超越問答力』

院長著書第2弾超越問答力表紙画像

超越問答力~心の中で問答すればみんなハッピー~
古澤孝一郎 著/B6判/第1刷 2,100円(税込み)

  • 正確な超越問答法を図版で詳細に解説。
  • 平常心を養いストレスを解消する方法を紹介。
  • 新型インフルエンザから身を守る健康法も収載。
  • 東西両医学の観点から病気の元を断つ方法を紹介。
  • 超越問答法により発病の原因の見極める方を紹介。
  • 施術困難な病気と、その対処法について解説。
  • 超越問答力により永遠の幸福を掴む方法を解説。
紀伊國屋書店BookWeb
注文は全国主要書店またはオンライン書店でお求め下さい。
お問い合わせ:星雲社TEL03-3947-1021
著者からの言葉(「超越問答力」より抜粋)
この世に生きている間の生涯で、何を心掛けなければならないか?…。
すなわち、この世に生まれてから死ぬまでの間に何を考えたか?何に価値を置いて生きたか?何を目的にして生きたか?何を愛して生きたか?何か宗教を持ったか?どの宗教に入ったか?などの自分の心構えをチエックして生きることです。そのチエックをこの超越問答力を使って答えを得て、その上で生き方を決めていって下さい。すなわち、毎日、一時一時、この超越問答力を使って一問一答する生活を実践することです。
  そして、幸福の鍵はこれを習慣化することにあります。習慣化すればこれが当たり前のこととなってしまいます。これが理想です。この生き方が永遠の未来を決めるということを肝に銘じて下さい。
超越問答力とは?
超越問答力とは、まず、自分の心の中で自分の意識の外にある存在と一問一答する問答(質問と応答のやりとり)から始まります。
自分の心の中で一問一答することにより、自分の意識とは関係なく、思い悩み苦しむ心を変化させ解決させて、その思い悩み苦しみから解放させて幸福にしてくれる力(時空を超越したところから解答を与えてくれる力)とその方法を超越問答力と名付けることにしました。
誰でも悪なる肉身の誘惑と善なる良心が絶えず葛藤し争っているはずです。
その悪なる肉身の誘惑に従うべきか?それとも善なる良心の声に従うべきか?
前者を採ろうか?後者を採ろうか?と絶えず葛藤し争っているはずです。
悩みというものは、そのように心が葛藤状態にある時、すなわちAかBかのどちらか一つを二者択一しなければならない時に、その一つを選び決定出来ない時に起きる心の現象です。そして、その正しい一つを選び決定出来なければ、心の状態は失望へと変化し、やがて失望からノイローゼ状態になり、体は病気となり、心は絶望的となってしまい、その思い悩み苦しみから逃れるために、自ら死を選びかねないのです。
超越問答の院長写真このような悩みのどん底にある時、その正しい一つを選び決定させて、かつ、幸福を与えてくれる力が超越問答力の中にあるのです。それは、自分の心の中で自分の意識の外にある存在と一問一答する時に与えられます。
しかし、無条件に与えられるものではなく、「私もあなたも幸福になるにはどうすれば良いのか?」という動機を絶対的な目的として、その事を自分の意識の中で明確に意識して動機付けした上で問答を進めて行く事により与えられるものなのです。
そして、問答の手段として、自分の両腕の筋肉を使い、両手を合掌した状態で筋肉の反射を感じ取ります。
この姿を超越問答力の基本姿勢と定め、自分の心の中で自分の意識の外にある存在と一問一答することを敢えて超越問答法と呼ぶことにしました。
超越問答力の原理
では、超越したところから解答を与えてくれる力とその超越問答法の原理について説明します。
超越問答力では、自分の意識の外に存在する対象に「問い掛けるという精神エネルギー」を及ぼすことにより、あたかも波一つ無い静かな湖の水面に小石を投げ入れたのと同じように、その対象に振動エネルギーを作用させ、その対象固有の波動や振動エネルギーを増幅させて、その対象から返ってくる振動エネルギーを生命エネルギーの一番敏感な受容器である人間の身体と脳で受信し、それと直結し鋭敏に反応する手の筋肉で共振(共鳴)させて感じ取るのである。
私は、無形有形に拘らずエネルギーを発している全宇宙のすべての生命エネルギーは、すべて波(波動)としての性質(振動エネルギー)を持っていると思っております。
量子力学における波動力学においてもすべての物質は波(波動)としての性質を持つと言われております。 よって、この超越問答力では問い掛ける対象となるものは自分の心・生命エネルギー・氣・魂・霊界など、無形有形に拘らずエネルギーを発している全てのものであり、波動検知器は受容器と直結する手の筋肉です。
ですから、自分の心の中で、自分の意識の外にある存在に一問を投げかけ問い掛ける事により、その答えをこの手の筋肉を通して、共鳴化された反応を反射という形で感受することが出来るのです。(※このように仮説を立てました。)
【 参考 】

※物理学における波動とは、たんに波とも呼ばれ、何らかの物理量の周期的変化が空間方向に伝播する現象であり、音波や水面の波、あるいは地震波のように物質の振動が媒質を通して伝播する現象のほかに、電磁波のように媒質がない空間を伝播するものもある。

※物理現象としての共鳴とは、ある物体の振動エネルギーが他の物体に吸収されて、その物体が振動することを言う。日本語では扱う対象によって共振と言うことがある。

※振動する物体には固有振動数(自由に振動させたときに得られる物体ごとの特定の振動)というものがある。その振動数と等しい振動が外部より物体へと加わると、振動が増幅される、または振動を開始する現象を「共振」という。